悪質な出会いサイトに騙されないためにも注意すべきこと、対処法などをご紹介しております。

イメージ

悪質出会いサイトの運営元

出会いサイトが優良であるかそうでないかを判断するひとつの材料として、「運営元」の確認は最初に行うべきです。

しっかりとしたところであれば、運営元は明確になっており、調べればどのような会社なのかも分かるものです。逆に、出会いサイトの中には運営実態が明らかではない運営元によるサイトが存在しているのも、残念ながら事実としてあります。このようなところは最初から利用しないことが大切です。

出会いサイトにおいては、現在では運営の際には届出が義務付けられており、許可を得ていなければ運営することは出来ません。そのため、個人運営の出会いサイトはほとんど存在しておらず、多くの場合では運営会社が記載されているものです。

しかし、中には届出を出していると偽っている、もしくは許可を得ているものの、実態は悪質な手法を取っているというところも存在しています。このようなところは、運営会社としてもペーパーカンパニーであったり、虚偽の運営会社である場合が多いものです。

実体の無い運営会社による運営と言うのは、ただそれだけで信用するに値しません。

もしも運営実態が不明瞭なところが出会いサイトを運営している、悪質なサイトであることが確認されたと言う場合は、通報窓口を利用して報告をするというのも対処方法のひとつです。

インターネットからサイバー犯罪相談窓口や、国民生活センターであれば通報窓口として、メールによる報告が可能ですので、悪質なサイトが蔓延しないよう通報し、早期に対処することも考えましょう。